有限会社アールケイ

  • 会社概要
  • BLOG
  • TEL

ブログ

HOME > ブログ > お役立ち情報 > 洗面化粧台をリフォーム!交換手順や費用について

2017.09.22

洗面化粧台をリフォーム!交換手順や費用について

お役立ち情報

化粧洗面台

一般的に洗面化粧台の寿命は最大で20年といわれています。しかし、早い時には5年程度でも劣化が進んでしまうこともあります。

最近、洗面台が古くなってきたから取り替え時かもしれない…そんな方のために、洗面台リフォームの手順や費用についてご紹介します!

洗面化粧台のリフォームは早めに!

洗面化粧台のリフォームが遅すぎると、当然ながら劣化が激しくなっており費用的にも高くつく可能性があります。

  • 15年以上使っている
  • 洗面ボウルにひびが入っている
  • 鏡に黒いしみがついている
  • 洗面台の下に異臭やカビがある
  • 洗面ボウルの栓が効かない、水がためられない
  • キャビネットのちょうつがいが壊れている
  • 照明が不安定になっている

ご家庭の洗面化粧台が上記にあげた項目に当てはまるなら、そろそろ取り替え時です。なるべく早くリフォームを依頼するようにしましょう。

洗面化粧台リフォームは4ステップで完了します!

では次に、実際に洗面化粧台をリフォームする時の一般的な手順について解説します。洗面化粧台には標準的な規格がありますが、取り替える時には新しい洗面化粧台も同じ規格のものにするケースが一般的です。

1. 廊下などへの養生を行う

実際に洗面化粧台を取り付ける前に、まずは廊下など周囲のスペースに養生をします。お客様の大切なお家に傷をつけないよう、細心の注意を払います。

2. 古い洗面化粧台の解体と撤去

次に、既存の化粧鏡や洗面台を撤去します。洗面台を撤去する際には、まずは水道の元栓を閉めてから給水管や排水管を取り外さなければなりません。その後、取り外した化粧鏡や洗面台を外に運び出します。

3. 新しい洗面化粧台を設置する前に下準備をする

古い洗面化粧台の撤去後、壁に残っている給水管の位置に合わせて新しい洗面化粧台に穴を開けます。これで、新しい洗面化粧台にも配管が通るようになります。

4. 新しい洗面化粧台を設置する

いよいよ、新しい洗面化粧台の設置です。お客様のお家を傷つけないよう、慎重に搬入、設置します。その後、止水栓の取付、給水管や排水管の接続を行います。

最後に、化粧鏡を搬入、取り付けて工事完了です。

洗面化粧台交換の費用目安をご紹介

洗面化粧台
化粧洗面台の交換をリフォーム業者に依頼した場合、交換は本体費用と工事費に分かれます。本体は基本的な間口サイズ規格が決まっており、間口サイズが大きくなると高くなります。

基本工事費 35,000円~50,000円程度
間口サイズ 本体価格 基本工事費込み価格
60㎝ 20,000円~ 45,000円~
75㎝ 45,000円~ 75,000円~
90㎝ 65,000円~ 95,000円~
100㎝ 75,000円~ 105,000円~
120㎝ 95,000円~ 125,000円~
クッションフロアー張替え工事費、重ね貼り 3帖 30,000円~
新規貼り 3帖 40,000円~
クッションフロアー材料費 1帖 2,000円~
壁紙張替え工事費(材料費込み) 3帖4面 35,000円~
洗濯機パン着脱工事 15,000円~

洗面化粧台のリフォームは専門業者へ!

洗面化粧台を交換するには、大型のホームセンターやネット通販で商品を選ぶ方法もあります。しかしこの場合は、販売店と提携のあるリフォーム業者が交換工事をするため、業者は選べないのが現実です。無理に別の業者を頼むと割高になってしまうでしょう。

より安心でクオリティの高いリフォームを行うには、最初からリフォーム専門業者に依頼する方法がおすすめです。
有限会社アール・ケイでは、洗面化粧台のリフォームも行っています。「ペンタム樹脂」を採用した洗面ボウルなので、丈夫で長持ち。洗面ボウル5色、扉は7色からお選びいただけます。

ぜひこの機会に、アール・ケイで洗面化粧台のリフォームを行ってみてはいかがですか?

有限会社アール・ケイ

〒491-0811
愛知県一宮市千秋町加納馬場字松下26-1
TEL:0120-997-090 FAX:0586-75-5519
営業時間:9:00~20:00 定休日:月曜日
お問い合わせ