有限会社アールケイ

  • 会社概要
  • BLOG
  • TEL

ブログ

HOME > ブログ > お役立ち情報 > バリアフリーの人気リフォーム箇所ベスト3!

2017.09.25

バリアフリーの人気リフォーム箇所ベスト3!

お役立ち情報

バリアフリーリフォーム

ご存知の通り、近年は高齢化が進んでおり、バリアフリーリフォームを行う家庭も増えています。
バリアフリーリフォームとは、文字通りバリア(障害)となるものを取り除くための改修のことを言います。
今は必要がないと思っていても、バリアフリーは将来必ず必要になるものです。

今回は、バリアフリーのリフォームで人気の箇所を3つ挙げていきたいと思います。

一番人気はトイレや浴室などの「水回り」!

一戸建て、マンションのどちらであれ、毎日使用するトイレや浴室といった水回りのリフォームは、どの家庭でも最優先と考えられているようです。
具体的なリフォーム内容としては、手すりの設置や段差をなくす工事などが挙げられます。
水回りは家族全員が使いますから、高齢者だけでなく小さいお子さまや妊婦さんにとっても大切な工事だと言えます。

トイレリフォームは手すりの設置が最も多い

立ち上がりやすいように手すりを設置する工事が最も多いです。
車いすを利用することを見越して、トイレのスペースを拡張するリフォームを行うケースもあります。

また、和式トイレは足腰に大きな負担がかかるので、和式トイレを使用している場合は洋式トイレに変更しましょう。

浴室リフォームでは滑りにくい床に変更!

転倒防止のために手すりを設置するほか、床の材質を滑りにくいものに変えるといったリフォームに人気があります。
一人でも入浴できるようにするには、40㎝前後のまたぎやすい低さの浴槽に変更する必要もあるでしょう。

また、脱衣所から浴室までの段差をなくしたり、温度差によるヒートショックを起こさないように暖房機器を設置したりする家庭もあります。

二番目に人気なのは階段や廊下!

階段は手すりの設置と傾斜の調整を

階段のリフォームで人気なのは、やはり手すりの設置です。
高齢者が階段から転倒して死亡する事故も少なくありません。階段に手すりを付けて転倒事故を防止すれば、家族全員が安全・安心に暮らせるはずです。

また、急な階段も危険です。階段の勾配を緩やかなものにする家庭もありますが、非常に大掛かりなリフォームになると予想されます。

廊下でも段差の撤去や手すりの設置が人気

廊下のリフォームでは、段差の撤去や手すりの設置、滑りにくい床材への変更などが人気です。
夜間の事故を防止するため足元照明などを設置するケースも多いです。
また、車いすで移動できるように拡張工事をする場合、部屋の間取りを変えなければいけません。

壁や柱、床材の撤去や移設などを伴うため、大掛かりなリフォームになります。

玄関&ドアが三番目に人気!

玄関の段差は最も高い!撤去して安全に

玄関のバリアフリー見落としがちな玄関のリフォームですが、玄関の段差は体の不自由な人にとっては危険なものです。
靴を履いたり脱いだりすることを想定しているため、家の中で最も大きな段差であることも多く、段差の撤去を行うケースが非常に多いです。

他にも、雨が降った時に転倒しないよう滑りにくい床材に変える、車いすでも通りやすいよう玄関の幅を拡張するといったリフォームもあります。

開き戸は引き戸に変更!

車いすでは通りにくいというデメリットがある他、反対側に人がいるとぶつけてしまう恐れもあることから、開き戸を引き戸にリフォームするケースが多いです。
このリフォームは高齢者だけでなく、小さなお子さまがいる家庭でも人気です。

また、高齢者は手の力も弱いため、ドアノブを大きめのものやレバーハンドルに変更するのが理想的ですね。

手すりの設置と段差の撤去は基本!

場所を問わず人気が高いのはバリアフリーリフォームの基本となる手すりの設置と段差の撤去です。
この他には、床材の変更や車いすが通りやすいようにする拡張工事が多いですね。

国や自治体が費用の一部を負担してくれる補助金制度もあるため、それらを活用しながらご自宅のバリアフリー化を進めていくことをおすすめします。

有限会社アール・ケイ

〒491-0811
愛知県一宮市千秋町加納馬場字松下26-1
TEL:0120-997-090 FAX:0586-75-5519
営業時間:9:00~20:00 定休日:月曜日
お問い合わせ